Stronger And Go

FXにおける信用取引のメリットとデメリットをまとめました

少ない証拠金で取引出来る魅力があります

信用取引の事をレバレッジとも言います。てこの原理という意味です。少ない資金で取引できるという揶揄ですね。日本では25倍と決まっていますが海外では数百倍が普通です。今では簡単に海外に口座を開く事が出来ますので海外のFX会社で取引している人も少なくはありません。信用取引を上手に使うと数千円でトレードが出来ますので小さなリスクで一か月分の給料も不可のではありません。もちろん技術と経験が伴いますのでそれなりの準備は必要になります。

資金管理を怠ると地獄を味わいます

信用取引で絶対やってはならないのは無謀な取引です。信用取引の本当の意味は参加者を増やす為に証券会社が善意で提供してくれているものです。その善意を踏みにじって持てるだけのポジションを持つのはナンセンスと言えます。資金管理の学習をしないとこの様な愚かな罠には誰しも嵌る可能性があります。人間というものは連敗が続いたり、損失が大きくなると一発で取り返そうとします。信用取引はそのためにあるものでは無いと認識して、徹底した資金管理のもとで取引をする様にしましょう。

上手く利用すればいい面しかありません

資金管理さえしっかりしていれば信用取引にはメリットしかないと言い切れます。日本では無謀なトレーダーのせいで信用取引枠が規制されてしましましたが、25倍でもありがたい倍率です。信用取引の賢い使い方はトータルで考える事です。損切り金額を一定にすれば、おのずと利食い幅がそれ以上ではないと利益が出ないと計算できます。トータルで考える事で収支がプラスになれば常勝トレーダーの仲間入りです。一発で大きく稼ぐというために信用取引は使ってはなりません。

銀行の定期預金の金利低く、株などに投資をしようにも自己資金が乏しい人にとって信用取引は暗闇を照らす一筋の明かりのように希望を与える存在です。