Stronger And Go

遺産相続について知っておきたいこととは!?

遺産相続は自由にできる?

親が亡くなった場合、遺産が残っているとしたら親族でその遺産を分ける必要があります。遺産相続に関する法律は民法上にありますが、必ず民法に従わなければならないという決まりはありません。遺産相続になる前に被相続人は遺言書を書いてだれにいくら相続させるかを決めておくこともできるのです。たとえば子供の中で一番自分の世話をしてくれた子供に対してほかの子供よりも相続分を多くすることも可能であり、それは法律違反ではないわけですね。

遺産相続と弁護士について

遺産相続は金銭に関するものであることが多いため、よくトラブルが起こることがありますね。それが原因で親族の仲が悪くなってしまうことも少なくないわけです。金銭面でトラブルになったことが原因で兄弟の仲が悪くなってしまうことも少なくないのです。お金が絡むといろいろと問題が生じてしまうのはいつの時代でも同じということですね。そこで、第三者として弁護士を挟んで遺産相続をする必要があります。この場合に気になるのは弁護士費用ではないでしょうか。

意外と敷居が低い弁護士

弁護士というとなかなか頼みにくいという人も多いのではないかと思います。弁護士に頼むのは敷居が高くて、しかも高額なお金を取られてしまいそうだということもあります。ですが、実際にはそのようなことは少なく、弁護士もできるだけ顧客を見つけたいという思いが強い人も多いため敷居を意図的に低くする工夫をしているところも少なくはありませんね。例えば相談料を0円にして相談しやすくしたり、広告やコマーシャルをすることで顧客を増やそうとしているのです。

遺産相続は、一定の額を超えますと相続税がかかります。そのため、生前に財産をしっかり把握しておき税額を計算したうえで、相続人を交えて対策を早めに考えておくことが必要です。