Stronger And Go

家庭教師のアルバイトで気を付けたい3つのこと

まずは給与体系を確認しよう

家庭教師のアルバイトは、基本的には時給はかなり高いです。しかし、給料がどのようにして発生するかは職場によって異なります。1コマあたりで発生するのか、勤務時間で発生するのかの2パターンが主流のようです。1コマあたりで発生する場合には、そのための準備や質問の時間などは給与の対象外となっていることが多いです。一方で、勤務時間で発生する場合には、職場で準備している時間も給料の対象となります。この違いは、最終的な月の収入に大きな差を生じさせるので、確認しておくべきでしょう。

対象とする学年を確認しよう

家庭今日は様々な学年の勉強を教えてあげる必要があります。しかし、職場によって扱っている学年は異なります。主に、小学生や中学生を対象としている場合には、そこまで問題にならないことが多いです。しかし、大学受験を目指す高校生を対象としている場合には、高度な内容を扱うことになります。家庭教師が講義内容を把握できていないと、学習成績に大きな影響を与えることになってしまうでしょう。そのようなことがないように、自分がどの学年なら講義ができるのか、ということと照らし合わせて、対象学年を確認しておきます。

保護者とのコミュニケーションについて確認しよう

家庭教師は、生徒を指導することだけが仕事ではありません。保護者との連携も欠かせない仕事です。職場によっては、保護者との対応もアルバイトにおおむね任せているという場合もあります。そうなると、コミュニケーション能力が必要不可欠です。また、保護者に現状を説明するための資料作成なども行う必要があります。なので、保護者とのコミュニケーションがどの程度必要なのかは、事前に確認しておくべきでしょう。もちろん、そこまで緊張することなく、生徒の成長具合を説明してあげることで、うまくいくことが多いですよ。

家庭教師のバイトは常に求人があり、高時給・時間が選べるという点で一度は体験してみたいバイトのひとつです。