Stronger And Go

高校を中退しても、すぐ高校生に戻れる道が

以前よりも道が開けている

ひと昔前まで、高校を中退する人と言うのは稀な存在でした。高校を中退した後の道はほとんど閉ざされていて、そのため高校側も、まず生徒を退学させるようなことはしませんでした。留年させると生徒に身の置き所がなくなって、中退する可能性があるため、留年もさせませんでした。ところが、現在は中退しても、通信制高校という道が開けているため、高校側は以前よりはずっと容易に留年させるようになりました。通常、生徒はその場合、中退して通信制高校へ行きます。

高校側も通信制高校を案内

中退しても通信制高校に入り、卒業すれば、別に生徒に大きな影響はありません。大学に入るならなおさらです。いろいろな場面で問題となるのは最終学歴であり、どこの高校を出たかまで話が及ぶことはほとんどありません。そのため、高校側は、原理原則に基づいて、基準を満たさなかった生徒をすっぱりと留年させるようになりました。昔の感覚でいる保護者はあわてますが、高校側は退学しようとする生徒に通信制高校を案内し、丸く収まるようです。

高等学校卒業程度認定試験も

以前は、通信制高校がごく少なくて、通信制高校で卒業するという道があまり知られていなかったため、高校を中退したら、大検を受けるしか挽回の道はありませんでした。ところがこの大検というのが、驚くほど難しく、高校を普通に卒業するのに比べて不公平すぎるのでは、という内容でした。初期の頃は体育の実技試験もあり、走り幅跳びの数値が足りなくて不合格を繰り返す老人もいました。しかし、その大検は廃止され、現在は高等学校卒業程度認定試験に変わり、難易度も妥当なものになっています。

高校中退のトラブルを回避するためには、通信制や定時制の高校のカリキュラムに日ごろから目を通しておくことが大事です。